家を長持ちさせるために知っておいて欲しいこと

大切な住まいを長持ちさせたい方、また、安全・快適に暮らし続けたい方に、知っておいて欲しいことがあります。

それは、家を長持ちさせるには、定期的な点検やメンテナンスが欠かせないということ。

そして、実際に行われるメンテナンスの方法が適切でないと、逆に、建物の寿命を縮めてしまう恐れがあるということです。

実は、このようなケースが後を絶ちません。

目に見えない「雨漏り」や「結露」が家の寿命を縮める

一般的に、地震などの自然災害を除いて、住宅の寿命を縮める大きな要因は、「雨漏り」や「結露」による土台や柱、梁といった建物の「構造部の腐食」です。

その他には、「シロアリの食害」による土台や柱の劣化もありますが、これについては防護手段もあり、未然に防ぐことが十分に可能です。 

しかし、「雨漏り」や「結露」は非常に厄介です。

通常、「雨漏り」は、屋根や外壁の劣化によるひび割れ、防水シートの劣化、窓まわりのシーリング材の劣化などによって起こりますが、雨漏りしたことがすぐに分かれば早期に対処でき、「構造部の腐食」を未然に防ぐことができます。しかし、室内にすぐに現れる雨漏りというのは少なく、気付くことが難しいため、異変が現れたときには土台や柱が腐食していたということが少なくありません。

また、近年の断熱性や気密性が向上した住宅は、室内が暖かくなった反面、壁内や屋根裏に「結露」が発生しやすくなったため、通気・換気対策が非常に重要になります。ところが、新築時に正しい施工方法で工事が行われていない建物も多く、雨漏りと同様、気付かない間に結露によって建物の劣化が進んでいる事例が増えてきています。

ですので、家を長持ちさせるためには、

  • 建物内部に雨水が入らないよう、屋根・外壁を常に良い状態に保つこと
  • 屋根裏、壁内の通気・換気対策が正しく行われていること

が必須であり、そのために定期的な点検やメンテナンスが欠かせません。

そして、新築時の設計ミス、施工ミスがない限り、きちんと点検とメンテナンスを行っていけば、家を長持ちさせ、安全・快適に暮らし続けることができます。

ところが、メンテナンス時期が来て、改修工事を行ったにもかかわらず、改修後から数年の間に、屋根や外壁が劣化してきたり、改修前にはなかった雨漏りが起きたりするといった事故が、日本各地で発生しています。

建物の構造や状態、屋根材や外壁材の種類に応じたメンテナンスが必要

屋根や外壁の定期的なメンテナンスを行う場合、主な改修方法として、

  • 塗装工事:既存の外壁材、屋根材に塗料を塗る
  • 張り替え(葺き替え)工事:既存の外壁材、屋根材を剥がし、新しい屋根材・外壁材を張る
  • 重ね張り(重ね葺き)工事:既存の外壁材、屋根材の上に、新しい屋根材・外壁材を張る
  • シーリング工事:外壁や窓まわりの繋ぎ目にある劣化したシーリング材を撤去し、打ち替える

があります。

そして、建物の構造や状態、屋根材や外壁材の種類に応じて、適切な改修方法を選択し、正しい施工方法で工事が行われなければなりません。

ところが、改修業者の中には、意外かもしれませんが、「建物の構造」や「雨仕舞い」といった建築の総合的な知識が乏しいところも多く、そのため、適切な改修方法を判断することができない業者や担当者が少なくありません。

また、専門工事業者の場合、各社が自社のメリットを強調した営業を行うため、一部の良心的な業者を除き、適切な改修方法が提案されることが難しくなります。

さらには、度を超えた低価格による無理な受注や下請け業者への安すぎる外注費によって、正しい施工方法で工事が行われていなかったり、手抜き工事が行われていたりといったケースが未だ無くなることがありません。

そのため、

  • 塗装してはいけない外壁に塗装が行われている
  • 塗装しても効果がない屋根に塗装が行われている
  • 屋根の塗装工事のときに、縁切りが行われていない
  • 耐震性を無視して、外壁材が重ね張りされている
  • 通気・換気対策がきちんと行われず、外壁材が張られている

など、本来、家を長持ちさせるために行ったはずの改修工事が、逆に、建物の劣化を進めてしまうことになったり、劣化を進めてしまう恐れがある状態になっていたりするという悲しい事故が後を絶ちません。

後悔しないために最低限勉強し、信頼できる業者を見つける

(以下、編集中)