こんにちは、インテック株式会社、代表の田所 秀基です。

当社は、現在、柏市増尾台を拠点に主に二つのコンセプトを掲げ、事業を行っております。

一つは、住宅を長持ちさせ、安全・快適に暮らし続けられる、質の高い『外壁・屋根リフォーム』の提案・工事を行うこと。

今一つは、知識・技術を兼ね備えた職人が、適正な対価を受け取り、誇りを持って仕事に取り組める場を増やしていくこと。

数多くあるリフォーム会社のなかで、当社が目指すのは「外装リフォーム、そして地域で最も必要とされる会社になる」ことです。

お客様・社員を大切にする社長の姿を見て、起業を志す

私は社会人になって数年後に転職したある会社で、将来は自分で会社を作り、事業を行いたいと思うようになりました。

お客様を大切にし、厳しくも社員を大切にする社長の姿に感銘を受け、自分もそんな人間になりたいと思ったからです。

その後、経営の勉強をするためにコンサルタント業に転身し、様々な業界を見る機会を得ることができ、その時に興味を惹かれたのが「外壁塗装工事」や「屋根の葺き替え工事」といった外装リフォーム業でした。

私自身、元々、不動産を調べたり、建築物や住宅を見たりすることが好きでしたので、外装リフォーム業に興味を惹かれたのは自然な流れかもしれません。

そして、コンサルタント業に区切りが付いたあと、前職である戸建て住宅を対象とした外壁・屋根の大手塗装会社で営業や施工管理の仕事に就きました。

大手塗装会社で外装リフォームの重要性、業界の問題を知る

実際に塗装業界に携わって感じたことは、「この仕事は、お客様の財産(マイホーム)を守っていく、とても責任の重い仕事である。」ということでした。

と同時に、経験を重ねていく中で、「外壁や屋根の塗り替えだけでは、住宅を長持ちさせることに完全には対応できない。」ということが分かってきました。

住宅を長持ちさせ、安全・快適に暮らし続けられるようにするためには、建物の構造や雨仕舞といった建築知識を身に付け、塗装以外に、『外壁の張り替え』や『屋根の葺き替え』、『板金工事』など、状況に応じ適切な工事を行わなければなりません。

ところが、外装リフォーム業界を見渡した時に、自社の専門工事のメリットを強調する営業戦略・営業手法が定着し、顧客利益を第一に考えた提案・工事が行われにくい現実がありました。

そのため、いま現在を含め、数多くの現場で、建物の構造や状況に合っていない改修工事が行われたり、知識不足による安易な工事が行われたりして、建物を長持ちさせるどころか、逆に劣化を進めてしまっている事態が頻繁に起きています。

知識・技術を兼ね備えた職人が、能力を十分に発揮できていない

また、業界の大きな問題点の一つとして分かったことは、知識・技術を兼ね備えた職人が、適正な対価を受け取れないことで、自身が持つ能力を十分に発揮できていないケースが数多くあるということでした。

度を超えた低価格による無理な受注、下請け業者への安すぎる発注など、原因は様々ありますが、そのしわ寄せが、現場で工事を行う職人に生じることで、対価に見合った仕事しか行えず、「もう少し予算があれば、本当は、もうひと手間、ふた手間掛けたいんだけどなぁ…。」と言った声を、何度も耳にしたことがありました。

このような現状を目の当たりにし、外装リフォームにおいて、

  • お客様の大切な住まい(財産)を守っていくために、建物の状態に応じて最適な改修方法が提案でき、そして質の高い工事が提供できる仕組みを作ること。
  • 知識・技術を兼ね備えた職人が、適正な対価を受け取り、誇りを持って仕事に取り組める場を増やしていくこと。

この二つの必要性を強く感じ、この仕組みを作り、そして広めていくことが自分の使命であり、社会に貢献できる仕事であると確信し、この会社を立ち上げました。

まだ新しい会社ではありますが、外装リフォーム、そして地域で最も必要とされる会社になるために、日々の努力を怠らず、プロ意識を高く持ち、高みを目指し、少しでも社会に貢献できるよう尽力して参ります。

代表プロフィール